大山歯科クリニック

インプラントやレーザー治療等歯のことなら
大山歯科クリニックに!

HOME»  口腔外科

口腔外科

顎関節症でお悩みの方

顎関節症でお悩みの方

口を開けるとアゴが痛かったり、「ポキッ」と音がなったりする場合には、
顎関節症」の可能性があります。
顎関節症は20~30代の女性に好発しますが、最近はストレス社会の影響からか、男性でも顎関節症を訴える人が増えてきています。
【治療法】
関節症の原因は多様なため、
治療法もその原因に対応したものを選択する必要があります。
ただ、顎関節症の原因は実際に歯科医院等で検査をしないと正確に分からないことが多いです。
治療法の一つにマウスピースでの治療があります
マウスピースについてはこのまま下をご参照ください。

顎関節症の画期的治療!マウスピース(スプリント療法)について

顎関節症の治療で用いられるマウスピースは、
歯にぴったりと装着する器具で、装着してしまえば、
一見してマウスピースをしていることは分かりません。
歯科治療域では、このマウスピースを”スプリント”と呼びます。
このスプリントは、主にあごの筋肉の痛みと、その緊張を和らげるために
使用されます。顎関節症による痛みがなくても、歯をかみしめたり、
歯ぎしりがある人には、その癖を直すために使用されることがあります。
薄いプラスチック製のスプリントを、上あごの歯か、下あごの歯にかぶせて、
噛みあわせが均等になるように調整します。
この調整が簡単に行えるのもスプリントの魅力です。

口腔内乾燥について

口腔内乾燥について

口腔乾燥症(ドライマウス) といい
唾液の分泌が低下して、口が乾いた状態のことをさします。広い意味での口腔乾燥症は、唾液分泌の低下だけでなく、口が乾いていると自覚する症状すべてをさすことになります。 
軽度では主に口の中のネバネバ感、ヒリヒリする、う蝕、歯垢の増加、口臭も強くなります。 
重度になると、唾液分泌量が低下し口腔内の乾きが進行し、強い口臭、舌表面のひび割れ、痛みで摂食障害、会話しづらいなどの障害も現れます。場合によっては不眠をきたすこともあります。 
平均的な唾液の分泌量は、一日あたり約1~1.5リットルで、口の中の唾液腺から湧き出し、口の中の食べかすを、消化器官へと、洗い流してくれています。 
また唾液には抗菌作用があり、口の雑菌の繁殖を防いでくれています。そのため、唾液が不足して口が乾くと、う蝕や歯周病にかかりやすくなり、また、口臭の原因にもなってしまうのです。 
口の乾燥がひどくて、我慢できない場合には、専門医にご相談下さい。 
年齢が高齢化するにつれて、唾液の分泌量が低下する事により、口の乾燥がひどくなることもあります。
そうなる前にご相談ください。

お問い合わせ