大山歯科クリニック

インプラントやレーザー治療等歯のことなら
大山歯科クリニックに!

HOME»  歯周病治療

歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは

 

歯周病は歯を支える歯ぐきなど歯の周囲に起こる病気です。
歯を支える歯ぐきが炎症を起こし、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯ぐきのすき間が深くなっていき、アゴの骨の一部である歯槽骨が徐々に溶けてしまい破壊されます。
歯の土台の病気ですから、進行すると歯がぐらつき、ついには抜けてしまいます。
歯周病を放っておくと、病原菌が唾液や血液の中に入り込んで体のあちこちに飛び火し、全身に深刻な影響を及ぼしかねません。
高年齢の方に多い嚥下性肺炎、敗血症、心内膜炎や早産、低体重児出産などとの関連性が指摘されています。

 

外科治療

外科治療

 

基本治療で一部ポケット(歯と歯茎の境目の溝の深さが改善されず、
ポケット内で細菌が生息し、ブラッシングで除去できない状態や、
歯周病の進行が進んでしまった状態に対して
外科的にポケットの深さを減少させる手術があります。
また、特殊な材料を用いて部分的に失われた
骨を再生させる手術(再生療法)を行う場合もあります。
手術はそれぞれの病態にあった方法が適応されます。
ポケットが改善されれば、適切なブラッシングなどに移行します。

 

歯周病にならないために

歯周病にならないために

 

現在では歯周病は、予防でき治療も可能です。大切なのは予防、診断、治療、そしてメンテナンスです。 
この15年の間に、歯周治療は急速な進歩を遂げました。
以前は「不治の病」とさえ言われていた歯周病も、
現在では進行を阻止することが可能となり、
健康をとりもどすことができます。
 

  ・正しい歯ブラシの方法で毎日実行・歯の表面を歯垢のない清潔な状態に保つ
・歯科医院で歯肉の中まで入っている歯石を完全に取り除き、さらに根の表面を滑らかにして炎症を引き起こす細菌を徹底的に除去します
・傷んだ歯肉、骨を治療して健康に近い歯肉にします
・歯科衛生士による専門的なクリーニングなどのメインテナンスを定期的に受ける
お問い合わせ