大山歯科クリニック

インプラントやレーザー治療等歯のことなら
大山歯科クリニックに!

HOME»  小児歯科

小児歯科

小児歯科

小児歯科

 

大人になってから、健康で強い歯であるためには
子供のときのケアが非常に大切です。
子供の歯はむし歯になりやすく、一度できてしまうと進行もはやいものです。よって、積極的に予防処置に取り組むことをお勧めします。
定期検診やフッ素塗布、シーラントといった
予防処置や歯並びの相談も行っております。
子供の歯やお口のことで気になること、
困っていることは何でもお気軽に相談していただけたら、と思います。
 子供の診療にあたっては、子供の気持ちを考えて接し、
つらくない、こわくない治療を目指して取り組みます。
子供の歯やお口のケアには、親の理解と協力がとても大切なので、当院では、ご家族と一緒に取り組むようお願いしています。

 

小児矯正とは?

小児矯正とは?

 

小児矯正とは、子供の時期に行う矯正治療のことです。

歯列矯正は大人になってからでも可能ですが、子供の時期から矯正を行うことによってより理想的な治療を行うことが出来る場合があります。

その理由は、大人は顎骨の成長が終わってしまっているので歯を動かすだけの矯正になってしまいますが、子供はまだ成長段階にあるので、ある程度アゴの成長をコントロールしながら矯正を行うことが出来るからです。
また、始める時期ですが、
子供の矯正は、アゴの骨が成長する6歳~14歳までの間に行うと有効だと言われています。

この時期に矯正を行うことによって上アゴと下アゴの大きさのバランス、歯とアゴの大きさのバランスをある程度コントロールすることができます。

 

小児矯正のメリット

小児矯正のメリット

 

・大人になってから矯正を行う必要がなくなる場合がある。
・アゴの成長をある程度コントロールできるので、
 良い治療結果が得られやすい。
・矯正で歯を抜く確率が低くなる。
・大人になってから再度矯正治療が必要となる場合でも、
 矯正の治療期間が短くなり、良い治療結果が得られやすくなる。
・矯正期間中は1ヶ月おきに歯科医院へ通う必要があるので、
 その時についでに虫歯の予防をしてもらえば
 非常に効率的に虫歯予防ができる。

 

お問い合わせ